施術・料金表Price

薄毛治療

薄毛治療とは?

最近ではストレス社会により薄毛・抜け毛のお悩みは男性だけでなく、女性でも多くなってきています。

AGA(男性型脱毛症)
男性型脱毛症とは生え際や頭頂部の毛髪が薄くなっていくのが特徴です。主に遺伝や生活習慣、老化、ストレス、男性ホルモンの影響が原因と考えられています。その多くが30歳代以降に発症し始め、加齢とともに徐々に進行していくのが特徴です。
AGAは治療せずに放置すると進行していきますので、早めの治療が大切です。外用薬と発毛を促す内服薬を組み合わせていただくと、さらに効果的です。

びまん性脱毛症
女性の薄毛・抜け毛の場合は髪の分け目が目立つ、髪全体のボリュームが減る、1本1本の髪の毛が細くなる、頭皮が透けて見えるといった症状が特徴です。加齢による女性ホルモンの減少やストレス、過度なダイエット、生活習慣の乱れが原因として挙げられます。特に中高年以降の女性に多く見られ、目に見える症状が出現するまでに徐々に進行するので気づきにくく、症状が悪化してしまうことが少なくありません。
原因を取り除くことと共に外用薬と発毛を促す内服薬を組み合わせていただくと、さらに効果的です。

こんな方へおすすめです

  • AGA(男性型脱毛症)
  • びまん性脱毛症(女性男性型脱毛症)

SPECIAL COLUMN毛周期の乱れと薄毛の関係

お肌のターンオーバーと同様に、毛髪にも毛周期という発毛サイクルがあります。
加齢やストレス・生活習慣の乱れは毛周期に影響します。
毛周期が乱れることで、毛髪が長く太く育ちきらないまま退行期を迎えて抜けてしまいます。そのため、十分に成長していない短くて細い毛髪ばかりになり、毛髪の密度が低くなってしまうことが薄毛となる原因です。

ドットヘアー

NEW! 外用薬・内服薬ともに『ドットヘアー』の取り扱いを開始しました!

進行性の AGA(男性型脱毛症)に有効とされる、フィナステリドとミノキシジルの 2 種類の医薬品を配合。
女性びまん性脱毛症の原因を改善し、女性ホルモンのバランスを調整・発毛に有効なスピロノラクトンを配合しています。 さらに発毛に必要な栄養素であるアミノ酸・ミネラル・ビタミンを服用薬にバランス良く配合した、外用薬と内服薬の相乗効果に期待ができる薄毛治療薬です。


 

ドットヘアー男性用

外用薬『リキッド』と内服薬『タブレット』の相乗効果が働き、外側と内側からのアプローチで毛周期を整え髪を増やします。


ドットヘアー女性用

外用薬『リキッド』と内服薬『タブレット』の外側と内側からのアプローチでより確実に髪を増やします。


Ogushi -おぐし-

Ogshi -おぐし- (女性用)

日本人女性の頭皮環境・毛髪を研究して誕生した女性用の毛髪サプリメント。女性は生理や出産・授乳などで鉄欠乏に陥りやすいため、不足しがちな栄養素+鉄分をサプリメントでバランスよく補い、頭皮と発毛環境を整えます。男性と女性では発毛・脱毛のメカニズムに大きな違いがあるため、発毛に必要な栄養素も異なる場合があります。女性の薄毛に有効な栄養分に、さらに鉄分を加えることで女性の頭皮環境を良い状態へ導きます。


その他、薄毛治療薬と効果

外用薬:ロゲイン
頭皮に直接塗布する育毛治療薬。ミノキシジルが配合されています。ミノキシジルはもともと血管拡張剤として使用されていた医薬品で、頭皮に塗布することで毛根周囲の血流が良くなり発毛を促進します。また、毛包に直接作用し、細胞の分裂・増殖やたんぱく質の合成を促進し発毛を促進します。
内服薬:プロペシア
男性型脱毛治療薬。「フィナステリド」と呼ばれる有効成分を中心に配合され、AGAの進行を抑えます。
内服薬:ザガーロ
男性型脱毛治療薬。「デュタステリド」と呼ばれる有効成分を中心に配合され、AGAの進行を抑えます。

施術の流れ

  • 診察・薬剤処方

    完全個室で診察
    症状に合った薬剤処方

  • 治療開始

    処方説明通り服用

  • 定期検査

    治療効果や体調などを確認しながら薬剤を処方しますので、毎回診察が必要です。

通院ペース

1ヶ月に1度

効果を実感するには最低3ヶ月の継続が必要です。服用を継続する事により薄毛の進行を抑制し発毛を促します。

副作用、リスク、注意点

副作用

顔や手足の異常なむくみ、動悸、めまい、不整脈、肝機能障害、赤ら顔などの症状が出現した場合はすみやかに使用を中止し、受診して下さい。
・男性用内服薬(プロペシア、ザガ―ロ 、ドットヘア)非常に稀に性欲減退、勃起機能障害(ED)
・外用の場合、稀に接触皮膚炎(かぶれ)。 使用を中止すれば改善する軽度な症状です。


リスク・注意点

※以下の方は使用をお控えください。
●心疾患・脳の病気加療中の方
●肝機能障害のある方
●未成年の方
●妊婦、妊娠する可能性のある女性、及び授乳中の女性
●本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある方
●高血圧、低血圧など循環器系の既往歴がある方は医師の指示に従うこと

Contact

お問い合わせ・ご予約

TEL : 072-221-0002

対応時間:平日(10:00-19:00)土曜日(10:00-17:00)水・日・祝を除く