施術・料金表Price

ピコウェイ(ピコレーザー)

ピコウェイ(ピコレーザー)とは?

『ピコレーザー』は、シミ・くすみ・肌質改善などの治療において現時点で世界最高レベルの効果が期待できるレーザーです。従来のQスイッチレーザーでは照射時間がナノ秒(10億分の1秒)に対し、ピコレーザーはピコ秒(1兆分の1 秒)単位とさらに照射時間が短くなり、熱による痛みや皮膚のダメージを最小限に抑えながら、安全かつ効率的にシミ治療を行うことができます。
当院が導入しているシネロン・キャンデラ社製のピコレーザー『PicoWay(ピコウェイ)』は、他社に比べ最短の照射時間であるため、より安全に、早く、確実にメラニンを破壊することが可能です。
厚生労働省の薬事承認および米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けている安全性の高い世界最高峰のピコレーザーです。

用途範囲が広い優秀レーザー

ピコウェイは3つの照射モード(スポット照射、トーニング照射、フラクショナル照射)を組み合わせるコンビネーション治療が可能であるため幅広い肌悩みに対応することができます。

ピコウェイ適応

SPECIAL COLUMNピコウェイのメカニズム

レーザーはパルス幅(照射時間)が長くなればなるほど熱的作用が強くなり、炎症を起こして色素沈着のリスクが高まります。
ピコウェイはピコ秒 という短いパルス幅により、周りの組織に熱が広がりにくく、ターゲットとなる色素粒子を高いエネルギーで微細に破壊することが可能です。それにより従来のQスイッチレーザーより痛みやダメージを抑えながら高い治療効果を実現しました。


少ない回数で治療を実現

ピコウェイは高いエネルギー(ピークパワー)と衝撃波(光音響効果)の2つの作用を持ち、メラニンなどの色素を破壊して微粒子にさせます。破壊された色素粒子は体内のマクロファージにより体の外へ排出されます。細かく破砕された色素粒子である方が、効率良く代謝されます。そのため、従来では除去しきれなかったシミにも高い効果があり、少ない回数で治療が可能です。

ピコスポット(シミ・そばかす)

複数のシミやそばかす、光治療などでは治療が難しい薄い色のシミにも対応が可能です。照射時間が短いことから、熱発生がほとんどないためダウンタイムが少なく、よりきれいにシミを除去できます。

ピコトーニング(肝斑・くすみ・色素沈着)

低出力でお顔全体に照射し、衝撃波でメラニン色素を少しずつ細かい粒子に分解して排出していきます。また、お顔全体に照射するため、肝斑、くすみ、色素沈着などに適応がありお肌のトーンアップにも期待ができます。

ピコフラクショナル(ニキビ跡・毛穴の開き・小ジワ・お肌のハリ・キメの改善)

従来のレーザーでは、表皮を傷つけるため痛みやダウンタイムがある治療でしたが、ピコレーザーは点状に照射することで衝撃波により皮膚表面を傷つけずに真皮に微小の空胞を作り、刺激を与えることでコラーゲン増生が活性化され、お肌の再生を促していきます。そのため従来よりも痛みやダウンタイムが少なく肌質改善、若返りができるのが特徴です。
小ジワや毛穴の改善などお肌のハリを取り戻し、キメを改善し、ニキビ跡の凸凹にも効果が期待できます。

ピコダブル(ピコトーニング+ピコフラクショナル)

肝斑、くすみに対してピコトーニングを行い、毛穴縮小、肌質改善するためにピコフラクショナルを組み合わせたピコダブル。

ピコトリプル(ピコスポット+ピコトーニング+ピコフラクショナル)

幅広いお肌のお悩みに対応可能な美肌のトータル治療。ピコスポット・ピコトーニング・ピコフラクショナルを組み合わせたピコトリプル。
より美白、若返り効果を早く出したい方、1回でしっかりとした効果を出したい、ダウンタイムの少ない治療をしたい方におすすめです。

こんな方へおすすめです

  • シミ・肝斑・そばかすを改善したい
  • お肌のくすみや色ムラを解消したい
  • 毛穴の開き、ニキビ跡を目立たなくしたい
  • 従来のレーザーでシミが取り切れなかった
  • 小ジワ、キメの粗さが気になる

施術の流れ

  • 洗顔・カウンセリング

    パウダールーム完備

    メイクを落として頂きお肌の状 態やシミの有無、シミの種類な どをチェックします

  • 施術時間

    ピコスポット10分
    ピコトーニング10分
    ピコフラクショナル15分

    治療のメニューに応じてクール ビタミントリートメントやトラネ キサム酸の導入、成長因子パッ クを行います

  • メイク

    翌日から可能
    (ピコトーニングのみは 当日可能)

    洗顔、スキンケアは当日から 可能です。化粧のみ翌日から していただけます

通院ペース

ピコスポット・・・・・・1ヶ月~3ヶ月に1 回 シミの種類や深さ、肌の状態により治療効果や回数に個人差があります
ピコトーニング・・・・1ヶ月に1回 3~5回が目安となります
ピコフラクショナル・・1ヶ月に1回 3~5回が目安となります

副作用、リスク、注意点

リスク・副作用

ピコスポット…………かさぶたが取れるまでの1 週間程目立ちますがコンシーラーやテープで保護が可能です。
ピコトーニング………発赤、色素脱失、痒み、発疹が起こるリスクがあります。
ピコフラクショナル…発赤、腫れ、点状出血のリスクがあります。

ダウンタイム

[ ピコスポット]
レーザー照射後、シミが反応して黒く薄いかさぶたのようになりますが、1~2週間程度で自然に剥がれます。テープ保護は必要ありませんので、翌日からメイクが可能です。( シミの反応が強い場合は軟膏やテープを使用していただく場合もあります)

[ ピコトーニング/ ピコフラクショナル]
施術直後は赤みが生じることがありますが、数時間~数日で落ち着きます。

Q&A

Q. 強い痛みはありますか?

A. お肌の表面を輪ゴムで弾かれたような痛みがあります。ほとんどの方が耐えられる程度の軽い痛みです。
痛みが不安な方は麻酔クリームを塗布してから照射を行います。

Q. ダウンタイムはありますか?

A. 直後に少し赤みが出る方もいますが、数時間~翌日で治まるため、基本的にはダウンタイムの少ない治療です。

Q. 何回くらいの通院が必要ですか?

A. シミや肝斑の状態など、個人差がありますが、目安は 3 ~ 5 回です。1 回の治療で取れるシミもあります。

Q. ピコトーニングで肝斑が薄くなるのに何回治療が必要ですか?

A. 肝斑の程度にもよりますが、5回前後で効果を感じていただけます。
シミ内服やトラネキサム酸導入、美白点滴などを併用していただくことでさらにお肌のトーンアップを感じていただけます。

Q. 治療後の注意点はありますか?

A. 日焼けを避け、外出時には日焼け止めクリーム等でお肌を保護してください。また、お肌がデリケートになっているので、照射部分をこするなど、刺激を与えないよう注意してください。

Contact

お問い合わせ・ご予約

TEL : 072-221-0002

対応時間:平日(10:00-19:00)土曜日(10:00-17:00)水・日・祝を除く